松山城エリア見どころマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松山城周辺(松山城ホームページより)

 

 

 

登り石垣(のぼりいしがき)

基本的なご案内コースのほかに、本丸の搦手や、登り石垣もご案内いたします。

松山城で最も古い建物とされ、搦手を防衛する重要な構えの「野原櫓」や「乾櫓」もご覧いただけます。少し先には、松山城で本も美しい景色の一つにも出会えます。登り石垣は、彦根城や洲本城など、全国に数例しか現存しない貴重な遺構です。

二之丸史跡庭園南東隅から、本丸へ向かって、山を登るように石垣が築かれています。(この写真は、松山市のホームページより)

二之丸から登り石垣写真

登り石垣(のぼりいしがき)

233mの長さを誇る南の登り石垣の中間点にあたりの位置。見上げても、見下ろしても石垣が続きます。

松山城登り石垣写真

登り石垣(のぼりいしがき)

本丸大手門下の最終地点です。

登り石垣

野原櫓(のはらやぐら)

野原櫓は、乾櫓の東の本丸石垣に臨んで建てられ、北側搦手の山林に対応する2重櫓で、本丸西北を防備するための櫓です。
この櫓は騎馬櫓とも呼ばれ、本城最古の建物です。
日本で唯一現存する望楼型の二重櫓で望楼型天守の原型として注目されています。

乾櫓(いぬいやぐら)

乾櫓は、北麓の北の郭(出郭)からの登城道が本丸に達する要地に築造されています。
搦手入口の乾門の前面、乾一ノ門の東真上の石垣上にあり、乾門続櫓とともに搦手を防衛する重要な構えです。
野原櫓と並び本城最古の建物です。

乾櫓

乾門下撮影ポイント

乾門を出て坂道を少し下り振り返えると、松山城で最も美しい景色の一つに出会えます。
ここは、城好きで知られた歌舞伎役者の 故・板東三津五郎さんお気に入りの場所 です。

ここも撮影ポイントの一つです。

乾門下の撮影ポイント
レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信する
     
キャンセル

レビューを投稿する